始まりは、文政五年。
歴史を物語る蔵の内で、
今もなお静々と受け継ぐ酒造り。

文政より続く歴史ある酒蔵

山形県にある最上川支流の朝日川が、朝日川酒造の名前の由来となった川です。 夏の渇水の時期にも、水の流れが途切れないその姿を見て、朝日川酒造と名付けたと言われています。 朝日川のごとく、朝日川酒造は文政五年から長い歴史と伝統を途切れることなく継承し続けています。
昔ながらの蔵で、手間ひまかけて作られる酒は、歴史を守り受け継いできたからこその味わいがあります。

会社概要

創    業 文政5年
設    立 昭和28年1月29日
代表者 代表取締役  内村 雅安
資本金 2000万円
事業内容 酒類の製造及び販売
本社 〒999-3511 山形県西村山郡河北町谷地乙93番地
TEL 0237-72-2022 FAX 0237-72-7197
朝日川酒造、酒づくりのこだわり